後悔のない中古一戸建ての選び方

中古一戸建て住宅を購入する人が増えてきていますが、中古一戸建てはまだ購入が難しい側面があります。中古一戸建ては前の住人の住み方によってそのクオリティーがずいぶん異なってくるからです。たとえば、築20年以上の住宅であれば、前に住んでいた住人のメンテナンスの状態でその質が全く異なってきます。ただ、最近は検査機関もありますので、住宅購入前に検査機関を入れることでその住宅の状況がわかります。中古一戸建て住宅の買い方は建物の価値がほとんどなくなっている築20年以上の建物を購入してリフォームをするという方法もありますが、築年数が浅い住宅を購入するという手もあります。築年数が浅ければ前の住人の使い方によってそう大きくは変わりませんし、建物の価値も最初の5年で大きく落ち込みますので、建物の質が良い割には住宅は新築とそれほど変わらないということもよくあります。 中古住宅で意外と大事なのはフラット35を利用する場合で、築年数が浅い住宅でしかも造りがしっかりしていればフラット35Sを利用することができる点です。フラット35の中でも35Sが適用されると金利が0.6パーセント下がりますので、最初の5年ぐらいは毎月のローンの支払額が少なくて済むのです。

Copyright ©All rights reserved.中古一戸建て購入のメリットとデメリットについて.